センター試験過去問分析

Book&Books株式会社 トップページ サイトマップ
モチベーションアップ!みかみ先生コラム

受験生はこれからが正念場だ。
けれど「試験勉強がつらい」「やる気がでない」「失敗が怖い」……そんな悩みを抱えている人も多いだろう。そんな時、「ヒキョーな化学」のカリスマ講師、みかみ一桜先生のコラムをぜひ読んで欲しい。前向きにトライする勇気がきっと湧き上がってくる!
(弊社発行「勉強魂の作り方!!」より)

【明日はきっと忙しい(明日はセンター試験)】

明日は、センター初日なのでかなり大変だろう。

どうして大変かって言うと、思ったより出来なかった子の精神状態が著しく乱れるのである。

「せんせー。もうダメだー。」

「もう、どうしていいのかわからない…」

100%泣きながらの相談である。

本当に深刻な相談だ。

笑い飛ばせるはずがない。

その子たちは、この日のために苦しい勉強をがんばってきたのである。

何度も何度もがんばってきたのだ。

それなのに、たったの一回の試験で、合否を決められてしまうのだ。

たまたま見たことある問題ならできるし、見たことない問題だったらきっと出来ないだろう。

本当はとれるべき教科の点がとれなかった。

そんなことはよくあることだ。

だからと言って、「運」なんかで片付けられる問題じゃない。

勉強している子に、運なんて因子を持ち出すと失礼なことになってしまう。

センターの結果で子供の将来が大きく変わることだってある。

センターで上手く行かなかった子は、時々自己中心的になるときがある。

もう、周囲のことは何も見えていない感じがするときもある。

でも、それでもいいと思っている。

いつまでもそうなってるんじゃなくて、ほんの1日か2日の話だ。

あんなにがんばったんだから、大声で泣いたって、他人にヤツ当たりしたくなってもいいような気がする。

そこに大人理論を持ってくるのは不可能だ。

センター初日で上手くいった子と上手くいかなかった子、二通りの結果が出るのだが、明日は上手くいかなかった子を特に応援してあげたいと思う。

…僕は、みんなが陰で泣いてきたことを知っている。

不安な夜が何日もあったことを知っている。

なんとかみんなにいい点をとってきて欲しい。

全員が笑顔で教えてくれるとうれしいと思う。


次のコラムへ