センター試験過去問分析

Book&Books株式会社 トップページ サイトマップ
モチベーションアップ!みかみ先生コラム

受験生はこれからが正念場だ。
けれど「試験勉強がつらい」「やる気がでない」「失敗が怖い」……そんな悩みを抱えている人も多いだろう。そんな時、「ヒキョーな化学」のカリスマ講師、みかみ一桜先生のコラムをぜひ読んで欲しい。前向きにトライする勇気がきっと湧き上がってくる!

【勉強は僅差の勝負だ。】

はっきり言おう。

勉強の差は僅差である。

これは、高校時代に気づいて、その後何度もそうだと思った。

例えば、眠くなったとする。

でも、なんとか我慢して1個余分に覚えて寝たとする。

で、その1個のおかげで1位になれたことが何度もある。

安売りをイメージするとわかりやすい。

あるパソコンが安売りで、10万円で売っていたとする。

でももし、同じものが9万9500円で、隣で売られたら一気に負けるのである。

たった500円の差で、失うものは大きい。

勉強もまさに、この僅差の勝負だ。

単語1個が明暗を分けるのだ。

自分が覚えたくないと思えば、他人だって絶対に覚えたくない。

嫌いな反応式がでたら、それは他の人も嫌いなのだ。

眠い時は、他人も必ず眠い。

いい?

じゃあ、僕の言う通りにしてくれる?

覚えたくないときがきたら

「チャンス! 他のヤツがひるむはず…」

嫌いな反応式がきたら

「チャンス! これで差をつけられる…」

眠くなったら

「他の人。 おやすみー。」

だ!

いいね?

必ず、自分に有利に考えるんだ!

とにかく、頭で負けるのは我慢できても、心まで負けるのは我慢できない。

いいね。

僕の合言葉!

いつも言ってるあのセリフ。

「気合と根性!」

みんなの頑張りを信じてるよ。


(弊社発行「勉強魂の作り方!!」より)


前回のコラムへ 次のコラムへ