センター試験過去問分析

Book&Books株式会社 トップページ サイトマップ
モチベーションアップ!みかみ先生コラム

受験生はこれからが正念場だ。
けれど「試験勉強がつらい」「やる気がでない」「失敗が怖い」……そんな悩みを抱えている人も多いだろう。そんな時、「ヒキョーな化学」のカリスマ講師、みかみ一桜先生のコラムをぜひ読んで欲しい。前向きにトライする勇気がきっと湧き上がってくる!
(弊社発行「勉強魂の作り方!!」より)

【僕の授業スタンス 】

僕は、生徒によく考える子供になって欲しいとは、これっぽっちも思っていない。

僕は、生徒に勉強の楽しさを教えたいとも、ぜーんぜんっ思っていない。

そんなこと1ミクロンも興味なしである。

僕が思ってるのは、「点をとって欲しい。」…これである。

これに尽きる。

僕が外食産業なら、楽しい食堂が作りたいわけではなく、奇抜なアイデアの建物で目を引く話題のレストランが作りたいのではない。

ズバリ!上手い料理を出したい。

これだ。

僕は、塾は絶対にサービス業だと思っている。

だから、僕はサービスを売ろうと努めている。

サービスって何か?

僕の場合、ズバリ点である。

お客さんが求めているのは、点だと思っている。

で、僕は点を売りたい。

具体的に勝手に説明してみよう。

僕のスタンスを5W1Hを使って説明する。

誰が売りたいか?

「僕が」売りたい。

何を売りたいか?

「点である。」

いつ売りたいか?テストの日に売りたい(これは難しいので、テストの日に売ることをイメージしながら仕事している)。

どこで売りたいか?

どこでもいい。

なぜ売りたいか?

ここがポイントだ。

ここは、その人の潜在意識の部分にもつながるところで、この部分はきわめて重要だ。

もし、自分の子供を塾に預けるとして、どうしても知りたいのがこの部分である。

一番いいのが、自分の塾の先生を催眠術屋さんに連れて行き、潜在部分を確認してみるといいだろう。…というくらい重要だ。

なぜ、点を売りたいか?

僕の場合…

「幸せになってほしいから。」

である。

僕は勉強してて、絶対に幸せになった。

断言できる。

勉強を始めて多くのことを学び、いろいろな意味で豊かになったのである。

だから、僕はそのことをみんなに伝えたいのだ。

そして僕のように、成長しながら勉強の有難さにたくさん気付いて欲しいのだ。

僕は、高校生の授業で、勉強は苦しいと言っている。

僕は、化学の面白さを伝える気はないと断言している。

点が上がれば楽しくなるだろう。

化学の面白さに気付くより、化学の点が上がっていくことの楽しさに気付いて欲しい。

そうすれば自然に化学が好きになっていくだろう。

みかみ塾の卒塾生には、化学科が多いこともこの考えの裏づけだと思う。

僕は自分の子供にだって、同じ教え方をする。

結果がすべて。

結果につながる勉強を考えて欲しいと思う。

そのために、公式や裏技などのテクニックも教えたいし、 家でも頑張ろうと思う気持ちを育みたいと思う。

なぜ、売りたいか?

いい点をとって、どんどん幸せになってほしいと本気で思っているからである。

どのように売りたいか?

愛を込めて売りたい。

全員の顔を見ながら、みんなことが大好きであることを感謝しながら売りたい。

それが、僕の授業スタンスだ。

今日も授業がたっぷりあるぞ!

それ以外の雑用も多いぞ!

でも、加速宣言をしているので、今週中にすべての仕事を終了させるのだ!

がんばるぞー!


(弊社発行「勉強魂の作り方!!」より)


前回のコラムへ 次のコラムへ