センター試験過去問分析

Book&Books株式会社 トップページ サイトマップ
モチベーションアップ!みかみ先生コラム

受験生はこれからが正念場だ。
けれど「試験勉強がつらい」「やる気がでない」「失敗が怖い」……そんな悩みを抱えている人も多いだろう。そんな時、「ヒキョーな化学」のカリスマ講師、みかみ一桜先生のコラムをぜひ読んで欲しい。前向きにトライする勇気がきっと湧き上がってくる!
(弊社発行「勉強魂の作り方!!」より)

【絶対に】

何かを成し遂げようと思うとき…

絶対に疑ってはいけない。

…僕はいつも思い出す。

高校の頃だ。

陸上の練習で、「もうダメかもしれない…」

そう、考えただけで必ず集団から脱落していた。

力を抜いていたわけではない。

ちょっと頭の中で考えただけなのだ。

だから、苦しいときには「ダメかもしれない…」と、ちょっとでも考えてはいけない。

ちょっとでも考えると、脳がブレーキをかけてしまうのだ。

ちょっとでも思うと、眠くなる。

ちょっとでも思うと勉強がいやになる。

だから、絶対に自分を疑ってはいけない。

ちょっとでも疑いそうな気がしたら、すぐに反対の言葉を3回以上唱えないといけない。

3回唱えると疑いの気持ちがなくなるのだ。

例えば、初めての美容院に行ったとする。

1回目…どんな頭にされるか不安だ。

2回目…少しだけ慣れてきたが、もうちょっと心配。

3回目…安心(もう、常連気分?)。

そう、脳は3回繰り返すと安心するのだ。

勉強は誰だって苦しい。

僕だって、できるだけ避けたいと思う。

でも、それでも挑まなければならないのだ。

だからいつも繰り返していよう。

「絶対にできる。絶対にできる。絶対にできる。」

または、「絶対合格。絶対合格。絶対合格。」

苦しい勉強をしてると誰だって不安になる。

誰だってつらくなる。

誰だって悲しくなる。

だからこそ、絶対に自分を疑ってはならない。

「こんなに出来ないかもしれない…」

「俺には無理かもしれない…」

心の片隅でも思っちゃあダメだ!!

今日は何人かの子供が悩んでいるようだった。

苦しんでいるようだった。

自分の苦しい気持ちを話してくれるその子たちのきれいな目からは、一筋の涙が流れている。

今にも不安でつぶされそうな…

そんな切実な気持ちを感じとることができた。

できることなら、「勉強だけが人生じゃないよ。」 って言ってあげたい。

でもね?

競争ってそうなんだよ。

つらい心や不安な心を封印して、それでも前へ進めなくては行けないんだよ。

根性の戦いをしてるんだからね。

しかも、その根性の競争をジャッジしてるのはあの「勉強神」だ。

だから、どうか…

どうかみんな、自分を疑わずにがんばって欲しい。

どうか一生懸命に…

君は、一生懸命にやれば絶対に合格する。

絶対にだ。

そう、今日から君は絶対にがんばろう。

自分に負けちゃあいけない。

今日、僕の勉強神をあげた何人かのみんな。

明日からまたがんばろうね。


前回のコラムへ 次のコラムへ